女性用育毛剤M-1を実際に使ってみた口コミレポート

DSC00515.JPG

M-1を実際に使ってみた口コミレポートはこちら

キャンペーン特別価格で購入できる公式ページの通販はこちら
薄毛予防の女性用ウーマシャンプー
女性の薄毛対策 シャンプーか育毛剤かヘッドスパか


30 代の女性の薄毛対策

かつて薄毛の対策は男性のものだったといわれます。
だんだん女性の薄毛の悩みが増えてきたといっても、少し前までは50代女性の薄毛対策がメインと思われていました。
今はといいますと、女性の薄毛の悩みはどんどん増え続け、ある皮膚科の薄毛相談の男女比はほぼ同じだといいます。
薄毛に悩む女性の年齢も、どんどん低年齢化し、薄毛の悩みは30代からといわれています。


30代後半ぐらいになって、気がつくと髪がうねり始めることがあります。
つむじの辺りの強い癖が、そのまま全体に広がるように、髪がうねって、まとまりにくくなってしまうのです。

また、30歳ぐらいから毛髪密度が減少し始め、すかすかして切れ毛になりやすくなったり、35歳をピークに毛髪がどんどん細くなって全体のボリュームが無くなる女性があらわれます。


髪のうねりの原因は髪が乾燥しているからです。
この乾燥は、ヘアクリームやスタイリング剤を使って補えるものではなく、髪質自体が変化してしまっているということなので、頭皮環境の問題を示しています。
髪の保湿ではなく、頭皮の保湿を考えなければなりません。
30代の女性の薄毛対策は、まず、頭皮環境の悪化を察知することから始まります。
まだ現実にはなっていない脱毛であっても、ケア次第では現実化してしまうのですから、頭皮環境の悪化を感じたら、ケア商品を賢く利用すると共に,ストレスの多い日常生活を改善することが大切です。
posted by 育毛 at 14:26 | 女性の薄毛

出産や更年期の薄毛の場合の対策

女性特有の時期として、出産後や更年期があります。
この時期に髪の毛が減ってきたと感じる女性の身体の変化は、女性ホルモンの大幅な分泌量低下によって起きています。
妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増え、出産すると減るために、髪を育成促進する作用が出産後に後退し、脱毛が起き薄毛になります。
更年期も女性ホルモンの分泌が減って起きる症状なので、薄毛になることがあります。


どちらの薄毛も女性ホルモンの分泌低下よって起きるのですから、根本的な解消法としては女性ホルモンを増やすことにあるといえるでしょう。
女性ホルモンを増やすには、セージやフェンネル、レディスマントルなどのハーブをお茶にして飲むことがすすめられています。
特にセージは女性ホルモンに似た作用をもっていて、育毛に効果があります。
フェンネルも、ホルモンを活発にしてくれる作用があります。


アロマオイルで女性ホルモンを増やしてくれる代表的な香りはクラリセージです。
バスタイムにオイルをバスタブに数滴落とすだけで充分効果が期待できます。
小さなボトルでアロマオイルを持ち歩いて、仕事の合間や電車待ちの時間などに、そっと香りを楽しむことを習慣づけるだけで脳内のホルモン状況が変わるという報告もあります。
そのほか興味深いことに色が女性ホルモンの分泌に関連しているという情報もあります。
ピンク色がその色で、身につけたりインテリアとして身の回りにおいたりすると効果があるようです。


女性の抜け毛を助長する生活習慣に偏食があります。
栄養素を食事によって効率よく摂取するためには、バランスのよい食事を規則正しく取ることが必要です。
その上で、髪の成長に欠かせないといわれているミネラルやたんぱく質を海草や大豆などで豊富にとることが薄毛対策になります。

代謝を良くして毛髪の成長を助けるビタミンAを多く含む食品には牛乳・ウナギ・ニンジン・レバーなどがあり、同じく代謝を高めるB2を多く含む食品に納豆・卵・小松菜などがあります。


夜更かしや睡眠不足も女性の髪を危険にさらす生活習慣です。
毛髪の発育には成長ホルモンが必要ですが、運動後と睡眠中に成長ホルモンは分泌され、しかも10時〜夜中の2時までという時間に分泌量が高まる傾向にあります。
この成長ホルモンによって新しく生まれ変わるのは毛髪細胞だけでなく肌の細胞も同じなので、10時から2時までの時間を眠ることでアンチエイジング効果があるとされています。



適量のアルコールは直接抜け毛を助長するものではありませんが、量が過ぎるとマイナスに転じますので、自制しましょう。
また、喫煙も間接的に毛細血管を硬くして血流を妨げ、抜け毛の原因となるので、できればやめましょう。
ミネラルを多く含むミネラルウォーターを1日2リットル摂取すると抜け毛対策となります。
posted by 育毛 at 16:26 | 女性の薄毛