女性用育毛剤M-1を実際に使ってみた口コミレポート

DSC00515.JPG

M-1を実際に使ってみた口コミレポートはこちら

キャンペーン特別価格で購入できる公式ページの通販はこちら
薄毛予防の女性用ウーマシャンプー
女性の薄毛対策 シャンプーか育毛剤かヘッドスパか


50 代の女性の薄毛対策

50代の女性の薄毛対策は、アンチエイジングを基本としています。
更年期を中心に体質が変わろうとしている時期ですから、身体全体を整える気持ちが大切ですね。
その上で、今感じている薄毛の症状がどのような性質のものなのかを、改めて調べなおしてみましょう。


髪を洗った後、抜け毛を調べてみます。
本数は100から150本以内なら正常範囲とされています。
かなり抜けているように見えても、実はこの範囲に収まっていたりします。
この本数の範囲内で薄毛と感じているなら、原因は脱毛ではなく毛髪が細くなっているのだと判断することができるでしょう。
次に抜け毛の様子ですが、細いものと太いものがあって均一でない場合と全体的に細いという場合があります。
これも薄毛の原因が違うことを表しています。


50代の女性の薄毛は、女性ホルモンが減少したことによる男性ホルモン優位によるものが多いといわれています。
抜け毛の太さが均一ではなく、びまん性脱毛といいながら頭頂部のつむじあたりが薄くなります。
抜け毛が均一に細くなっているようであれば、なんらかの理由で毛髪の成長が休止してしまっている慢性休止期型脱毛といわれるものかもしれません。
男性ホルモン優位による薄毛であれば男性の薄毛と同じ育毛剤が効果的なこともありますが、いずれにせよ、症状が深刻である場合には脱毛外来や毛髪外来のある病院で相談し、薄毛の原因を正しく捕らえて治療することが必要です。
posted by 育毛 at 14:26 | 女性の薄毛

40 代の女性の薄毛対策

かつて、女性が薄毛の問題を意識し対策を考え始めるのは50代といわれていました。
更年期でホルモンのバランスを崩すことが薄毛になる大きな要因であることから、更年期真っ只中といえる50代を中心に薄毛に悩む女性が多かったのでしょう。
近年になって、薄毛の問題は急速に低年齢化し、30代からびまん性脱毛症になる女性も増えています。


30代の薄毛の原因として卵巣機能低下症や若年性更年期障害が指摘されています。
これは、卵巣機能の低下によるホルモン分泌の減少が薄毛の原因となっている点で50代で起きる現象が30代で起きていることを表しています。
40代の女性の薄毛は、こうした現代の健康事情を背景に増え続けています。
30代で薄毛になるほどの深刻さはないものの、更年期に向かって卵巣機能が低下し始め、バランスが崩れ始める年代が40代というわけです。


40代の女性の薄毛対策は、ホルモンのバランスを整えることと、ストレスと上手に付き合う方法を身につけることといえます。
減少する女性ホルモンを補う方法としてイソフラボンを多く採るなどの健康法もあるようですが、更年期を本格的に迎えるときのために、まずは食生活全般を見直し、卵巣機能を含めた身体機能全般を健全に保つための努力を始めることです。
posted by 育毛 at 10:26 | 女性の薄毛