女性用育毛剤M-1を実際に使ってみた口コミレポート

DSC00515.JPG

M-1を実際に使ってみた口コミレポートはこちら

キャンペーン特別価格で購入できる公式ページの通販はこちら
薄毛予防の女性用ウーマシャンプー
女性の薄毛対策 シャンプーか育毛剤かヘッドスパか


医薬品を選択する場合には

薄毛に効果を発揮する方法としては、育毛剤・育毛シャンプーなどがありますが、医薬品を用いる方法も存在します。
医薬品は主に2タイプに分類されていて、薄毛の進行を抑制するものと、発毛が期待できるものがあります。

薄毛の進行を抑制する医薬品は、フィナステリドという成分が主に配合されていて、5aリダクターゼという還元酵素を抑制することができます。
抜け毛の予防に効果が期待できますが、発毛にも少なからず効果が期待できます。

補足ではありますが、医薬品を手に入れる方法としては、自分で注文する方法と医療機関で処方してもらう方法があります。
副作用はないので、自分で注文しても特に問題はありません。

対して、発毛が期待できる医薬品は、ミノキシジルという成分で細胞分裂が促進されるようにします。
フィナステリドが主成分の医薬品よりも多く普及しているので、自分で探すことも簡単です。

ただし、副作用があるので知識なしに用いることは控えたほうがいいです。
炎症・かぶれ・かゆみ・フケなどが生じることがありますので、取り扱いには十分に気をつけましょう。
また、頭痛・低血圧・動悸などの頭皮に関係しない症状もあらわれるようなので、医師に処方してもらうことをオススメします。

この2つの医薬品は併用することによって、より効果を実感することができると言われています。
なので、予算に余裕があるならば併用することが好ましいです。
もしも厳しいようならば、どちらが適しているのか見極めなければなりません。

posted by 育毛 at 12:26 | 女性の薄毛

ヘアサイクルを理解して薄毛を予防

薄毛に陥ってしまう要因はいくつか考えられますが、その中の一つとして「ヘアサイクルの乱れ」があります。
ヘアサイクルは毛周期という場合もあるのですが、「成長期」「退行期」「休止期」の3つから構成されています。

成長期は髪の毛が成長する期間をあらわしていて、毛母細胞や毛乳頭というところが活発に働きます。
退行期は毛乳頭が萎縮するので、毛母細胞の分裂が終了してしまいます。
そして、休止期になると髪の毛の成長が完全に停止してしまいます。

新たな髪の毛の成長が開始される時期と捉えることもできますが、髪の毛が抜け落ちやすい時期と捉えることもできます。
要するに、新たな髪の毛の生成と脱毛は同時期に進行するということです。

ヘアサイクルの周期は人によって異なっていて、早い人では4年くらい、遅い人では8年くらいと言われています。

ヘアサイクルが極端に短いと、髪の毛が成長しきる前に抜けてしまうので、薄毛に陥ってしまいます。
薄毛の要因が蓄積されていない人は、髪の毛が成長期に突入すると硬化するようになっています。
ですが、薄毛が進行している人は、成長期に突入しても軟化したままとなってしまい、抜け落ちてしまいます
こういった症状を放置しておくと、ますます薄毛が進行してしまうので、きちんとした手入れを開始しなければなりません。
ヘアサイクルを適正化するためには、頭皮と髪の毛を清潔な状態に保つことや、血行を促進させることが有効となります。
あとは、髪の毛の成長を促してくれる栄養分を補給すると、さらに効果が期待できるでしょう。

posted by 育毛 at 14:26 | 女性の薄毛