女性用育毛剤M-1を実際に使ってみた口コミレポート

DSC00515.JPG

M-1を実際に使ってみた口コミレポートはこちら

キャンペーン特別価格で購入できる公式ページの通販はこちら
薄毛予防の女性用ウーマシャンプー
女性の薄毛対策 シャンプーか育毛剤かヘッドスパか


髪の毛への知識を深める

薄毛に対する対策を講じるのはとても良いことですが、髪の毛についてきちんと理解しておくことも大事なのではないでしょうか。
人間の髪の毛は、それぞれに多少の違いはあるものの、約10万本が備わっているとされています。

一本あたりの寿命は男性は3〜5年くらい、女性は4〜6年くらいとされています。
成長のスピードは健康体であれば、毎月1cmくらい伸びるとされています。
ですから、1日あたり0.35mmくらい成長すると言えます。

髪の毛の手入れの仕方についてですが、洗ったあとはきちんと乾かすようにしましょう。
タオルを巻いてそのまま就寝する人もいるようですが、それは好ましいとはいえません。

なぜ髪の毛が濡れているままだと好ましくないかというと、濡れている髪の毛はキューティクルが開いている状態ですので、ダメージを感じやすい状態だからです。

将来的に薄毛に発展するかもしれないので、きちんと乾かしてから就寝するように心がけましょう。
それから、シャンプー選びも薄毛には大切です。
たとえば、乾燥肌の人が洗浄力の高いシャンプーを使ってしまうと、逆に頭髪を傷めてしまうことになります。

シャンプー以外にもリンス・トリートメント・コンディショナーなどが存在しますが、これらにも注意しなければなりません。
リンスは髪の毛を弱酸性に整えてくれる効果があって、トリートメントには髪の毛にたんぱく質を補給してくれる役割があります。

あと、コンディショナーはこの2つの働きを共有しているものと考えるといいでしょう。
基本的には髪の毛に良いとされていますが、薄毛に気をつかっているならば、薄毛用のものを選択することをオススメします。

posted by 育毛 at 12:26 | 女性の薄毛

まずは頭皮環境を整えよう

薄毛への対策を始める前に、頭皮の状態を確かめておくことは大切です。
頭皮に赤み・かゆみなどの異常がある場合や、皮脂が多い場合には気をつけなければなりません。

こういった症状は、薄毛用の皮脂を除去するタイプのシャンプーを用いても、生じる危険性があるからです。
ですから、こういった場合には薄毛への対策を念入りに行わなければなりません。

また、自宅でできるヘアケアには限度が存在します。
たとえば、薄毛だけでなく炎症・吹き出物などが生じていると、自宅だけのヘアケアは厳しくなります。

こういった症状は男性に起こるイメージがありますが、女性にも起こる可能性が十分にあります。
薄毛のみならず他の症状も和らげるという気持ちをもつことが重要です。

薄毛だけに集中してしまうと、他の症状を悪化させてしまう可能性があるので十分に注意しましょう。
これらの症状が生じている要因は、専門家に聞くのが手っ取り早いので、まずは医療機関で診断を受けることをオススメします。

中には、薄毛が和らいでから他の症状へ取り組もうという人がいますが、これは好ましい行為とは言えません。
なぜならば、薄毛対策は頭皮環境を整えなければ、きちんとした効果を発揮してくれないからです。

ですから、頭皮の環境を整えることを優先して、それから薄毛対策に取り組むことが好ましいのです。
自分の力だけでは限界があるでしょうから、医療機関で診断してもらうことから始めてみましょう。

posted by 育毛 at 12:26 | 女性の薄毛